太田姫神社 元宮

JR御茶ノ水駅 聖橋口改札を出て左側 秋葉原に続く線路沿いに「淡路坂」があります

通称一口坂(いもあらいざか)と読むそうです


通りを渡るとしめ縄を張った大きな椋(むく)の木があります 

この木はなんと 「太田姫神社」の元宮なのです


画像




画像


後方はラッシュの朝だけ使われる御茶ノ水臨時改札 



この椋の木に由来の説明板が付けられているので以下引用です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太田姫神社は江戸城外濠(神田川)を作るにあたり伊達家と徳川家が神田山を開削したした時
江戸城の結界また鬼門の護り神として江戸城内よりこの地に移された
昭和6年(1931)総武線開通に伴い現在の駿河台下に移る
尚鐵道(「甲武線」中央線の前身)は堀の中にあり開通時天皇家との間に堀幅を減しない、
中で商業を営まない環境を守るとの約束がある(明治期鐵道史より)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用終わり



江戸総鎮守神田明神、太田姫神社 どちらも江戸を護る重要な位置にあるという事ですね

今は葉を落としていて分かりやすいのでぜひ一度ご覧下さい


椋の木の名前の由来って その実が椋鳥の好物だから だそうですね 
鳥が先か 木が先か 名前の由来って面白い 



現在の太田姫神社はこちら ↓

http://chiyoda-tokyo.sakura.ne.jp/pic-htm/otahimej.htm


淡路坂については 千代田区観光協会のHP ↓

http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/613/Default.aspx



この記事へのコメント