野辺成一さんとバウムクーヘン

ギター製作家 野辺 成一(しげかず)さんから頂きました 


「ねんりん家」さんのバウムクーヘン



画像




東京駅大丸とかでいつも行列ができている人気のバウムクーヘンですね 

いつもすごい行列に恐れをなして、気になりつつもまだ頂いた事がありません
とっても楽しみ~ 


野辺成一さん 日本の名工 野辺正二さんの息子さんです

お兄様の野辺雅史(まさふみ)さんも同じく製作家としてご活躍されています 

それぞれ独立した工房を作られ、正二さんの音造りを踏襲されつつそれぞれが研究と研鑽を重ねられ、独自の世界を築いておられます

楽しみなお二人です 

成一さんはギター製作と共に「ミ・エスティーロ」というイギリスアンティーク家具のショップを営んでいらっしゃいます。
工房と一体になった素敵なショップですね 

今、新しい試みのオリジナルギターを製作中、完成したらメディア・カームに見せに来て下さる予定です
こちらも、とても楽しみです
ご期待下さい 

野辺成一さんのページ ↓

http://www.mi-estilo.com/guitar.html

ミ・エスティーロトップページ ↓

http://www.mi-estilo.com/


メディア・カームにある「野辺成一」さんのギター ↓

http://www.media-calm.com/zaiko/domestic_new/z-2009-05_nobeshigekazu40/z-2009-05_nobeshigekazu40.html


在庫一覧のページ ↓

http://www.media-calm.com/zaiko.html




 バウムクーヘン 

メディア・カームでは、今ちょっとしたバウムクーヘンラッシュ 

昨年暮れにお客様から頂いた定番ユーハイムのバウムクーヘン



画像




まずこちらを頂いてから、野辺さんから頂いた「ねんりん家」さんのバウムクーヘンを頂きます

ここ数年、バウムクーヘンを専用のオーヴンで焼いて見せながら販売するのが流行ってきた様ですね

子供の頃、バウムクーヘンと云えば「ユーハイム」さん

結婚式の引き出物で真ん中に「寿」と書いたクッキーが載っていて丸い形の物が定番 
外側がお砂糖でコーティングしてあって、ケーキ部分はしっとりとしておやつのご馳走でした

子供の時はフォークを使わず、内側の年輪みたいになっている層をちょっとずつ剥がしながら食べるのが好きでした 
(これって変?)
最後にお砂糖のついた所と薄くなったケーキの所を一緒に食べると、なんか幸せな気分になったなぁ 

未だにこの癖は抜けなくて、気がつくと同じ事してます(さすがにお外ではしませんが・・・)

ねんりん家さん ↓

http://www.nenrinya.jp/index.html



年輪を象ったお菓子「バウムクーヘン」

無垢の木を愛する野辺成一さんらしいお菓子選びのセンスに脱帽です 

ごちそうさまでした 

新作期待してます 



この記事へのコメント