メディア・カームのギターに張ってある弦は何ですか?

お客様からよく頂くご質問の中に
「お店のギターに張ってある弦は何ですか?」というものがあります。

全てのギターに張ってあるわけではないのですが
よく使用する弦があります。

高音弦:エクセレンスセシリア Low-s
低音弦:サバレス コラム ハイテンション


理由は
まず音程が正確なこと。
これはギターを弾くひとなら当然求めるところですね。
そして、弦の個性が強すぎないこと。
弾き手にとっては旨味やコクが反対の作用を及ぼしてしまうこともあります。
また、いろんなギターを弾き比べる時にそれぞれのギターとの相性の問題もあります。

もう一つ、カーボン弦を張ると楽器はよく鳴ります。
でも、それもまた弦の持つ個性の一つで
時として楽器の持つさまざまなニュアンスを薄めてしまうことがあります。
なのでメディア・カームのギターにはカーボン弦をなるべく張らないようにしてます。
(19世紀タイプに使用することがありますよ・・・)

さて、ローテンションの高音弦にハイテンションの低音弦とはこれ如何に?

ご安心下さい。
「ハイ~」「ハード~」「ミディアム~」「ロー~」といった表記は
あくまでメーカー独自の表現方法なので特に決まりはなく
一つの目安だとお考え下さい。
実際、セシリアLow-sの高音弦のテンションは
プロアルテのノーマルテンションより同じかむしろ若干強く
サバレスコラムハイ~の低音弦は
プロアルテのノーマル~と比べて
同じかこちらはやや弱いテンションになってます。

音色のお話はまた次回に・・・




セシリア弦 サバレス弦

"メディア・カームのギターに張ってある弦は何ですか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント